ブルース・リー主演映画/順番に解説/自伝映画

エンタメ

ブルース・リーは香港系アメリカ人の俳優、武術指導者、哲学者として武術の革新者。

彼は、史上最も影響力のある武道家の一人であり、欧米で武術を普及させ、業界に革命をもたらした人物として知られています。

鎮痛剤に対するアレルギー反応のため、32歳で死去。

リーの遺産は大衆文化に影響を与え続け、史上最も偉大な武道家の一人として広く知られている。

ブルース・リーは「ドラゴン危機一髪」「燃えよドラゴン」「ドラゴンへの道」「ドラゴン怒りの鉄拳」の4作の映画に主演しています。

それぞれの主演映画について詳しくみていきたいと思います。

最高のブルース・リーを見るならこれ「ドラゴン危機一髪」

created by Rinker
¥6,500 (2024/04/21 10:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

ブルース・リー映画の最高傑作を見たいなら「ドラゴン危機一髪」を見るべきでしょう。

ブルース・リーの身体はよく鍛えられている。

そして、その空手技は神業的である。

世界中の人々を魅了した映画の2作目

1作目は「燃えよドラゴン」で、これは大ヒット。

created by Rinker
¥1,400 (2024/04/21 22:49:36時点 Amazon調べ-詳細)

この映画でブルース・リーは一躍、大スターの仲間入りを果たした。

この映画でブルース・リーは一躍大スターになり、その後の空手ブームも巻き起こした。

しかし、ブルース・リーは1973年7月に急逝してしまう。

これは大きなショックであったろう。

その後、世間ではさまざまな空手映画、カンフー映画が公開された。

おそらく、ポスト・ブルース・リーを目指したのだろうが、ブルース・リー抜きで真の名作といえる映画は他にないように思われる。

そんな中で公開されたのが、ブルース・リー主演の「ドラゴン危機一髪」である。

ブルース・リーのカンフーアクション、チャーミングなコメディ、そしてバンコクでの舞台公演など、映画の面白さと満足感を存分に味わえる映画であった。

そんな映画だった。

そんな映画でした。

ブルース・リーは多くの映画に出演しているようだが、主演したのは4本だけである。

本作は、その初主演作である。

タイのバンコクでロケが行われ、迫力あるアクションシーンが見どころです。

ブルース・リーの映画を観たことがない人も、一度観てみるといいかもしれませんね。

ブルース・リー主演の映画「ドラゴン危機一髪」について

制作当時は香港映画で、残酷なシーンが多く、非現実的なバイオレンス映画風に作られています。

また、ブルース・リーが主役なのに、映画の前半は別の人が主役として扱われるような作りになっていた。

あまりいい映画ではなかった。

大ヒット映画「燃えよドラゴン」が公開された後に、2作目の『ドラゴン危機一髪』が公開されたので、2作目はどれだけ素晴らしい作品になるのか、大いに期待して待っていた。

しかし、視聴者の期待とは裏腹に、配給会社側には不安もあった。

1作目と比べて共演者が不明であること、制作が香港であること、1作目と2作目で制作年が逆であることなどである。

しかし、これらの懸念は一転して大ヒットとなり、ブルース・リーの人気を安定させる結果となった。

公開当時は、ブルース・リーの出演作に関する情報が少なく、別の作品の写真を引用することも珍しくなかった。

また、ブルース・リー自身の情報も乏しかった。

だから、意外とミステリアスな人だった。

ところが、それから間もなくして、ブルース・リーが特集番組で取り上げられた時期があり、ブルース・リーについていろいろなことが明らかになった。

大ヒット映画「燃えよドラゴン」以前の若き日のブルース・リーが映し出された作品としても知られています。

ぜひ、チェックしてみてください。

「ドラゴン危機一髪」ブルース・リーのエピソードシーン

映画「ドラゴン危機一髪」のラストシーンで、ブルース・リーがおせんべいのようなものを食べているシーンがあります。

映画「ドラゴン危機一髪」のラストシーンで、ブルース・リーがおせんべいのようなものを食べながら、身内を殺されても澄ました顔で敵のボスの家に現れるシーンがある。

それはなぜか?

こんなエピソードがある。

主人公のチェンが身内を殺された復讐を誓い、ボスの家に行くことを決意するのですが、その前に真剣な表情で空を見上げるシーンがあるのです。

これはあくまでエピソードですが、死を覚悟してボスの家に乗り込むのだから、その前に肉体的欲求を満たして身軽になりたいと思い、娼館に駆け込むのだそうです。

お目当ての娘はすでに敵に殺されていたので、別の娘を部屋に連れて行った。

ベッドに押し倒された少女は、程の驚くべき肉体美に惚れ込み、仕事を忘れて喜んでベッドインしました。

その後、すっきりして小銭が残り少なくなった程は、おせんべいを買ってお腹を満たしてから上司の家に向かったという。

映画のワンシーンとしては、あまりにもカットされそうなシーンだが、当時はカットされたシーンであった。

しかし、当時の映画ではこのようなシーンをカットせず、すべて公開したため、このエピソードは内容が充実しているようでもあり、そうでないようでもあります。

「燃えよドラゴン」についてブルース・リー大ヒット映画でドラゴン旋風

created by Rinker
¥1,400 (2024/04/21 22:49:36時点 Amazon調べ-詳細)

ブルース・リーの映画で、日本で最初に大ヒットしたのは「燃えよドラゴン」である。

公開当初は、これほどのヒット作になるとは予想だにしていなかったと思う。

目を引くポスターには、日本では見たこともない武器を持った裸の男が描かれていたし、それまで彼のことを知らなかったのだから、見てもおかしくはないだろう。

ただ、ハリウッド映画ということで、観ることができた。

アクション映画が好きな人は、一度見てみるといいかもしれません。

また、タイトルに「ドラゴン」と入っていることから、怪獣映画だと思った人も多かっただろう。

しかし、そんな思いとは裏腹に、この映画は大ヒットし、日本に「ドラゴン旋風」を巻き起こしたのです。

テレビを見ていると、ブルース・リーの真似をしている人がたくさんいて、ブルース・リーが話題になることもしばしばだった。

ヌンチャクのおもちゃもたくさん売られ、多くの人がヌンチャクを振り回すようになった。

また、この大ヒットにより、空手やカンフーを習いたいと思う人も多くなった。

当初、映画がヒットするかどうかわからないとき、チラシはブルース・リーを主役にせず、3人の主役を登場させた。
それが、ブルース・リーの全貌が見えるチラシに変更されたのである。

ブルース・リー・ブームのきっかけとなった映画「燃えよドラゴン」。

映画「燃えよドラゴン」に見る武術の極意/ストーリー

ブルース・リーを一躍スターにした映画「燃えよドラゴン」。

ここではそのストーリーを簡単に紹介する。

ブルース・リーが演じるのは、少林寺拳法の達人として知られるリーという男である。

リーの弟であるハンが開催する、命をかけた武術の試合がある。

私は国際情報局からこの試合に参加するよう依頼された。

少林寺の道場を破門されたハン兄は、麻薬と売春の組織のトップとなり、武術の師匠を働かせていたのである。

李がそんな依頼を受けたのは、情報を集めたいからである。

武術大会には、ハンの部下以外にも多くの外国人師範が参加しており、李の情報提供者も隠れて参加していた。

ハンの武術大会は孤島で行われ、地下洞窟にはアヘン工場があり、それを知らない外国人選手たちが散歩している間にリーが発見した。

さらに、アヘン工場には多くの捕虜が収容されていることも突き止めた。

ハンたちは戦いの中で何人も殺し、リーも戦いの中で次々と敵を殺していった。

最後はハンとリーが一対一で戦い、リーがハンを倒して物語が終了した。

一騎打ちのシーンは、あらゆる秘術が駆使され、魅力的な内容となっています。

「ドラゴン怒りの鉄拳」について

映画「ドラゴン怒りの鉄拳」は、ブルース・リーの代表作として知られています。

日本では、大ヒット映画「燃えよドラゴン」「ドラゴン危機一髪」に続く3作目でした。

ブルース・リーの完璧に鍛え上げられた肉体がアクションとして画面一杯に広がる、ブルース・リー独特の魅力にあふれた映画である。

内容はかなり波乱万丈で、ブルース・リーお得意の緊迫した空手アクションが半分以上を占めており、大ヒットした「燃えよドラゴン」をも凌ぐ出来栄えのようです。

この映画の醍醐味のひとつは、ヌンチャクである。

2本の鉄の棒を鎖でつないだだけのシンプルな武器だが、ブルース・リーがこれを使うと、相手の足や頭を打ち落とすほどのスピードで操るのだ。

彼のヌンチャクの使い方は息を呑むほど美しく、見るものを魅了する。

日本では驚異的なヌンチャクブームが起こったとさえ言われている。

ブルース・リーがロシアのボクサーと1対1で戦うラストシーンは15分にも及び、この映画のハイライトと言われている。

ブルース・リーならではの華麗なアクションシーンは、まさに圧巻です。

ぜひ一度、観てみてはいかがでしょうか。

「ドラゴン怒りの鉄拳」ストーリー

今の世代では、映画の名前は知っていても、内容を知っている人は少ないのではないでしょうか。

でも、ブルース・リーを知らない世代でも、彼の名前とアチョーの特徴は知っているので、すごい人だったんだなぁと思います。

そこで、簡単にストーリーを紹介しよう。

舞台は1900年代初頭の上海。

当時は日本の軍国主義というイデオロギーが渦巻く上海の動乱の時代である。

ブルース・リーが演じるのは、若き日の空手・拳法の達人、リーだ。

リーは、自分の道場を乗っ取ろうとする者たちと対峙し、今は亡き恩師のために建てた道場を守ろうとする。

しかし、敵である日本武術の一派もまた、日本軍国主義の手先である。

警察も加わってリーを追い詰める。

追い詰められたリーは復讐を誓い、様々な人間に変身してチャンスをうかがう。

彼は、復讐への悲しい思いと同時に、恩師の娘に恋をしていた。

そしてついに迎えた敵との対決の日。

それは死闘であった。

リーの身体は殺意に満ち、叫び声がこだまし、戦場ともいえる場所で精一杯の戦いを繰り広げた。

戦いは終わったかに見えたが、戦いに勝利したリーを待ち受けていたのは、ターゲットに捕らえられた警察部隊の一斉射撃であった。

名場面も多く、観る者を魅了する迫力満点の作品です。

「ドラゴン怒りの鉄拳」アクション/ヌンチャク

ブルース・リーを本格的に世に広めようと制作された映画「ドラゴン怒りの鉄拳」。

この映画では、ブルース・リーのアップのシーンが多く、ブルース・リーのアクションシーンも多いので、映画を通してブルース・リーがたくさん出てきた気がします。

アクションシーンは、この映画の中で一番すごいと思いました。

可憐という言葉がぴったりで、ブルース・リーは武術の達人として掲載されていますが、ブルース・リーと大人数との対決、武器や素手を使ったアクションなど、様々なアクションシーンがあります。

映画『燃えよドラゴン』では、ヌンチャクが武器として使われていた。

そのため、この映画以降、「ブルース・リー」=「ヌンチャク」という方程式が確立されたのではないかという説がある。

当時の映画のチラシは、「ドラゴン怒りの鉄拳」というタイトルなのに、「空手映画」という言葉や「ドラゴン危機一髪」の写真を使っていて、かなりメチャクチャな内容になっていた。

「ドラゴンへの道」ブルース・リー主演の武術について

ブルース・リー主演の映画「ドラゴンへの道」は、とても面白い映画だと思います。

この映画の見どころは、スタントマンを使わず、俳優全員が自分の体を使ってすべてのアクションをこなしているところです。

アクションの情熱と天才的な武術が観客を魅了する。

本作は、ブルース・リーの4作目の映画。

彼の急逝後に公開された。

また、俳優としてだけでなく、制作側としても活躍した作品でもある。

ブルース・リーが武術家として、映画監督として、すべてを注ぎ込んだ集大成とも言える作品です。

「ドラゴンへの道」のストーリー

そのストーリーを簡単に紹介しよう。

ブルース・リーはタン・ロンという中国人の青年を演じている。

タン・ロンはチャイナタウンのレストランで働くため、初めて異国の地であるイタリアにやってくる。

英語もイタリア語もわからないタン・ロンは、到着早々、失敗を重ねる。

彼がイタリアに来た理由は、中華料理店のオーナーである陳という美人が、叔父の経営者としての力不足で、経営不振に陥っていたからだ。

しかも、レストランを乗っ取ろうとする悪徳白人集団から嫌がらせを受けていた。

彼女は、この状況を何とかしたいと思い、唐隆に電話をかけた。

しかし、程は、頼りなさそうな唐隆に見切りをつけたほどだった。

その時、外国人の一団がレストランにやってきて、自分たちにレストランを譲り渡せと要求してきた。

従業員一同、レストランを守るために戦ったのだが、負けてしまった。

そこへ唐隆が現れ、幼い頃から習っていた中国武術やダブルヌンチャクを駆使して、敵をすべて倒した。

しかし、敵も黙ってはいなかった。

さらなる強敵を用意してきたのだ。

程は誘拐され、喧嘩、裏切り、いろいろあったが、ついに遺跡のコロシアムで、敵のボスが用意したアメリカ人のカンフーファイターと熱い戦いが始まった。

唐隆は勝利し、言いようのない悲しみを胸にローマを後にした。

空手、棒術、ダブルヌンチャク、そして本作で初めて披露した中国武術などを巧みに使い、アクションを展開する。

映画の決闘シーンは、多くの人の記憶に残るシーンになったようだ。

ブルース・リーが急逝した後に公開された作品であるため、人々はそれぞれの思いで鑑賞したのではないだろうか。

「死亡遊戯」について/映画と死と期待

史上最強と言われたブルース・リーは、大ヒット作「燃えよドラゴン」をはじめ、4本の映画に主演した。

これらの映画で見せた超人的な必殺技や華麗なダンスは、世界中の人々を魅了し、虜にした。

そのブルース・リーが、人生の半ばで突然この世を去ることになった。

その死から4年後、ブルース・リーは「死亡遊戯」という映画で復活を遂げた。

ブルース・リーのファンにとっては、待ちに待った映画であった。

この映画はブルース・リーが存命中の1972年、「ドラゴンへの道」を作っていたローマから帰ってきてから制作を開始した。

ブルース・リーはこの映画のプロデューサー兼監督でもありましたから、相当な思い入れがあったのでしょう。

その心意気が素晴らしく、型も美しかったと思います。

きっと、完璧なブルース・リーの映画を作ろうとしていたのでしょう。

そんな中での突然の死であり、情熱が燃え尽きたかのような死だったともいえる。

天才であったからこその宿命であった。

そう思うと悲しいが、死後、映画でよみがえったブルース・リーに人々が熱狂したのは事実である。

死後5年、ベールに包まれていた超大作映画「死亡遊戯」の全貌が、世界公開に先立ち香港で公開され、話題となった。

共演の俳優や監督も大物ばかりで、大成功を収めました。

彼の偉大さと、この映画への期待の大きさは本当にすごいと思うし、彼の死は惜しいと思う人が多いでしょう。

「ブルース・リー物語」について/伝記映画/偽物と迫力

created by Rinker
¥407 (2024/04/21 10:33:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Arc
¥880 (2024/04/21 10:33:18時点 Amazon調べ-詳細)

ブルース・リーの衝撃的な死後、ブルース・リーの伝記映画がいくつも登場した。

ブルース・リーのニセモノ映画はたくさんありますが、この映画が一番リアルでよくできていると思います。

ストーリーも非常にリアルです。

ブルース・リーといえば、そのアクションシーンを抜きにしては語れない。

正直、序盤はイマイチですが、ストーリーが進むにつれて、どんどんスピード感が増していくようで、見応えがあります。

ただ、やはりフェイク映画ということもあり、原作とは顔が違うので、彼独特の表情を作るのは難しい。

ブルース・リーが工事現場の近くで修行しているシーンが映画で再現されているが、工事現場の作業員としてブルース・リーの映画に実際に出演している俳優や、香港のスターが何人か出演しているようである。

この映画でブルース・リーを演じたのは、「ホー・チョンドゥ」という俳優です。

ブルース・リーのそっくりさんはたくさんいますが、その中でもこの俳優は、容姿、武術の実力、演技の面で群を抜いていたと言われています。

そのため、「ブルース・リー」と改名したケースもある。

本作はブルース・リーの映画を忠実に再現しており、ロケ地などマニアにはたまらないかもしれない。

エンタメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
トマトトレンド

トレンド・エンタメ系のブログライター。生活暮らしの記事も書きます。幅広くお役に立つ記事をまとめていきたいと思います。音楽、映画、俳優さんの情報など楽しくまとめます。よろしくお願いいたします。

トマトトレンドをフォローする
トマトトレンドをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました