美空ひばりの何が凄いのか?生涯を振り返る!

エンタメ

美空ひばりは、日本を代表する歌手の一人として、数多くのヒット曲を生み出し、非凡な歌声と魅力的なパフォーマンスで、多くの人々を魅了し続けました。

美空ひばりさんの何が凄いのか?

美空ひばりは9歳でデビューし、天才少女歌姫と呼ばれました。

52歳で亡くなるまでに517曲のオリジナル曲、1500曲を録音し、「柔」「悲しい酒」「愛燦燦」「川の流れのように」等、数々の名曲を世に送り出し、現在でもたくさんのファンが存在しています。

1988年、病床から復帰。東京ドームコンサート「美空ひばり・ザ・フェニックス in TOKYO DOME」を開催。伝説のコンサートとなりました。

人生最後のシングル曲「川の流れのように」は、秋元康氏の作詞。

昭和から平成に変わる1989年1月11日に発売され、ミリオンセラー、200万枚以上の売り上げで、彼女の代表曲のといえます。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥3,064 (2024/06/15 15:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

美空ひばり 全盛期 いつ?

美空ひばりのピークは1954年から1972年まで、この間に多くのヒット曲を発表し、映画や舞台で主演を務めた。

1967年に「まっかな太陽」を発表して人気がピークに達する。

1964年、「柔」が日本レコード大賞を受賞し、1965年、古賀メロディーの「悲しい酒」がリバイバルヒットする。

1966年、古賀メロディーの “悲しい酒 “がリバイバル・ヒット。

グループサウンズ(GS)ブームを代表するジャッキー吉川とブルーコメッツをバックに、ミニスカートの衣装で歌った。

このポップス曲は、彼女のキャリアで4番目に大きな売り上げを誇るミリオンセラーとなった。

美空ひばりの最後のステージは?

1989年6月24日、美空ひばりは52歳でこの世を去った。

1989年は、1月8日に新元号が昭和から平成に変わった年である。彼女の死は、昭和の終わりを強く意識させるものでした。

その前年、東京ドームのこけら落とし興行として行われた「フェニックス・コンサート」で病気から復帰しています。

翌年の1989年2月6日、福岡市からツアー「歌は我が人生」をスタートさせましたが、翌日の北九州市小倉の九州厚生年金会館(当時)でのコンサートが最後のステージになってしまいました。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥2,619 (2024/06/15 15:53:17時点 Amazon調べ-詳細)

美空ひばり記念館/東京目黒

美空ひばりの自宅を記念館として一般公開しています。

戦後の日本を代表する歌手である美空ひばりの自宅の一部を記念館として公開しています。

美空ひばりが住んでいた当時から手を加えず、当時のまま残っている庭、和室、居間などを見学することができます。

住んでいた頃の姿をそのままに、ひばりの生活感を感じられる家です。

多くの著名人と対談した和室では、季節のお茶とお菓子が振る舞われます。

また、美空ひばりのドキュメンタリー映画の上映や、オリジナルグッズの販売も行っています。最寄り駅は代官山駅と中目黒駅です。

予約は不要です。

場所 東京都目黒区青葉台1-4-12
営業時間 10:00~18:00
定休日 火、金、5/29、6/24、8/13-15、12/29-1/3
入館料金 大人1,500円、小中高500円、未就学児無料
駐車場 なし
電話番号 0570000868

美空ひばりの死因は、最後の最後まで病気と闘っていたことを思い起こさせる。

1989年3月23日、「間質性肺炎」と診断され、病名は明らかにされなかったが、「アレルギー性気管支炎の悪化」「難治性の咳」などの呼吸器の病気の症状があり、コンサートツアーのすべてを中止して芸能活動を一時的に中止したところ、ひばりが肺炎にかかっていることが判明したのだ。

その後もひばりさんの病状は悪化し、1989年6月20日、呼吸困難で危篤状態に陥り、人工呼吸器を装着することになった。

ひばりさんが生前最後に残した言葉は、順天堂医院の医師に向かって「よろしくお願いします。頑張りますから」」と言ったと言われている。

結局、ひばりは1989年6月24日午前0時28分、特発性間質性肺炎の症状悪化に伴う呼吸不全の合併症で息を引き取った。

52歳でした。

この肺炎の治療にはステロイドホルモンが有効とされているが、ひばりは肝硬変も患っており、副作用の心配からステロイドはほとんど使えなかった。

美空ひばりは、この病気がもとで亡くなった。

その死を悼み、沿道には多くのファンが詰めかけ、ひばりさんの死を悼んだと言われている。

美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみ 元祖三人娘

美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの3人は、1950年代の映画界、歌謡界を席巻した若きスターです。

後に数々の作品に出演する「三人娘」の元祖といえます。

江利チエミ、雪村いづみの二人は、すでに歌手として確固たる地位を築いていた美空ひばりに憧れながら、次々とデビューを果たし、1950年代の映画界、歌謡界を席巻しました。

美空ひばりの生涯を振り返る!何が凄いのか?1位は何?まとめ

9歳でデビューし、以後、歌、映画、舞台と目覚ましい活躍をし、誰もが認める音楽界の女王です。

 昭和を代表する歌手であり、死後の1989年7月2日に国民栄誉賞を受賞しました。

本名は加藤 和枝(かとう かずえ)。愛称は「おじょうさん」。

国民的なスターとして人々から敬愛されました。

エンタメ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
トマトトレンド

トレンド・エンタメ系のブログライター。生活暮らしの記事も書きます。幅広くお役に立つ記事をまとめていきたいと思います。音楽、映画、俳優さんの情報など楽しくまとめます。よろしくお願いいたします。

トマトトレンドをフォローする
トマトトレンドをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました