自転車ヘルメット着用努力義務だからかぶらない人の心理/着用努力義務とメリット

自転車ヘルメット 暮らし

自転車に乗る際には、ヘルメットの着用が推奨されていますが、日本では法的に義務付けられていません。

しかし、自治体や自転車業界などでは自主的な着用を促すために、さまざまな取り組みが行われています。

そこで、本記事では、自転車ヘルメットの法的な着用義務について調査し、義務化されていない理由や自主的な着用のメリットについて解説します。

また、自転車ヘルメットを正しく選ぶためのポイントや、正しい着用方法についても紹介します。

自転車を安全に楽しむために、ぜひ本記事を参考にしてください。

自転車ヘルメット着用努力義務だからかぶらない人の心理

4月1日から改正道路交通法が施行され、自転車に乗るすべての人にヘルメットの着用が努力義務となりました。

罰則はありませんが、ヘルメットをかぶらないと事故の際に頭部の死傷リスクが高まります。

過去5年間の自転車事故で死亡した人のうち、56%が頭部を強く打っていたというデータもあります。

ヘルメットをかぶらない人の心理については、様々な意見がありますが、一般的には以下のような理由が挙げられます。

  • ヘルメットが重くて暑いと感じる
  • ヘルメットが髪型を崩すと思う
  • ヘルメットが恥ずかしいと感じる
  • ヘルメットが高価で手に入りにくいと思う
  • ヘルメットが必要ないと思う

しかし、これらの理由は事故の危険性や重大性に比べれば些細なものです。

自転車に乗る際には、自分や他人の安全のためにもヘルメットを着用することをお勧めします。

自転車ヘルメット着用努力義務とは?

自転車ヘルメット

自転車ヘルメット着用努力義務とは、自転車に乗る際にヘルメットをかぶることを法律で義務付けられていないが、かぶるように努めるべきことです。

令和5年4月1日から改正道路交通法が施行され、13歳未満の子どもだけでなく、年齢にかかわらず自転車を運転、同乗する人全員がヘルメット着用の努力義務の対象になりました。

ヘルメット着用は、自転車事故による頭部への衝撃を約17分の1に減らすと言われています。

自転車利用者の安全を守るために、ヘルメット着用を心がけましょう。

ヘルメット着用しないと罰金はありますか?

ヘルメット着用しないと罰金はありません。

ただし、自転車事故による頭部への致命傷や後遺症のリスクは高くなります。

また、海外ではヘルメット着用が義務化されている国もあります。

例えば、フランスではヘルメットをかぶらないと135ユーロ(約1万7千円)の罰金が科せられるという法案が提出されています。

自転車に乗る際には、ヘルメット着用をおすすめします。

自転車損害賠償責任保険について

自転車損害賠償責任保険とは、自転車の利用によって他人の生命又は身体が害された場合における損害賠償を保障することができる保険又は共済のことです。

自転車事故による賠償金は、ケガの程度や後遺症の有無などによって数百万円から数千万円にもなります。

自転車保険に加入することで、自分自身のケガや相手への損害賠償に備えることができます。

自転車保険は、個人賠償責任保険や傷害保険などの特約で付く場合や、専用の自転車保険として加入する場合があります。

自転車保険の加入方法

自転車保険に加入する方法は、インターネット、サイクルショップ、コンビニエンスストア、保険代理店などがあります。

インターネットで加入する場合は、保険会社のウェブサイトや保険代理店のウェブサイトを経由して、申し込みをすることができます。

サイクルショップやコンビニエンスストアで加入する場合は、店頭で申し込み用紙を記入して、支払いをすることができます。

保険代理店で加入する場合は、電話や来店で相談して、申し込みをすることができます。

それぞれメリットやデメリットがありますので、ご自身に合った方法で選ぶとよいでしょう。

自転車ヘルメット着用の必要性

自転車ヘルメット

自転車ヘルメット着用の必要性とは、自転車事故による頭部の重傷や死亡を防ぐために、自転車に乗るときにヘルメットをかぶることです。

道路交通法では、2023年4月から、自転車に乗るときにヘルメットを着用することが全年齢で努力義務化されました。

しかし、罰則や取り締まりはありませんし、着用率も低いのが現状です。

ヘルメットを着用しない場合、頭部外傷による致死率は2.2倍以上になるという研究結果もあります。

自転車ヘルメット着用の必要性は、自分の命を守るだけでなく、家族や社会にも責任があるということです。

自転車ヘルメットの選び方

自転車ヘルメット

自転車ヘルメットを選ぶときのポイントは、以下のようなものがあります。

  • 頭囲に合わせてサイズを選ぶ。
  • サイズ調整機能があると便利。
  • 通気性のいいベンチレーション機能に注目する。
  • 暑くなりにくく快適。
  • 軽さと強度のバランスを考慮する。
  • 重すぎると疲れやすく、薄すぎると安全性が低い。
  • 安全を保証する「SGマーク」をチェックする。
  • 日本工業規格に適合したもの。
  • 使う自転車やシーンに合ったデザインを選ぶ。
  • スポーツ用やカジュアル用など。

以上のポイントを参考に、自分に合ったヘルメットを探してみてください。

自転車ヘルメットの正しい被り方

自転車ヘルメットの正しい被り方は、以下のようになります。

  • ヘルメットを水平になるよう、深めに被る。
  • 目安は眉毛とヘルメットの間に指が2、3本入る程度。
  • ヘルメットの先端がまゆ毛のすぐ上にくるように角度を合わせ、左右均等にかぶる。
  • あごひものバックルをしっかり締める。
  • あごひもは指一本分の隙間がある程度が適切。

以上の被り方で、ヘルメットがずれたり外れたりしないように確認してください。

自転車ヘルメットのお手入れ方法

自転車ヘルメットのお手入れ方法は、以下のようになります。

  • ヘルメットの表側(シェル面)を水やぬるま湯でふき取る。
  • ヘルメットの内側(インナーパッド)を取り外して水やぬるま湯で洗う。
  • 洗剤は使わない。
  • あごひもを水やぬるま湯で浸して汚れを落とす。
  • MOFF製あごひもは洗濯機で洗わない。
  • シャワーで流したりジャブジャブ洗ったりしない。
  • 乾燥は風通しの良い日陰で行う。
  • 直射日光やドライヤーは避ける。
  • 保管は湿気や高温を避けて行う。

以上のお手入れ方法で、ヘルメットの寿命を延ばしましょう。

ヘルメットのサイズ選びのコツはありますか?

自転車ヘルメットのサイズ選びのコツは、以下のようになります。

  • 頭囲を測る。
  • メジャーなどで耳の上から眉毛の上までを一周させて測ります。
  • ヘルメットのサイズチャートを参考にする。
  • 各メーカーによってサイズが異なる場合があるので、注意してください。
  • ヘルメットを試着する。
  • ヘルメットを水平に被り、あごひもを締めてみます。
  • ずれたり揺れたりしないか、頭部形状に合っているか、圧迫感や違和感がないかなどを確認します。

以上のコツで、自分に合ったヘルメットを選びましょう。

自転車事故に遭った場合の対処法

自転車事故に遭った場合の対処法は、以下のようになります。

  • 負傷者がいれば救護する。
  • 必要に応じて救急車を呼ぶ。
  • 二次被害を防ぐ。
  • 事故現場を安全にする。
  • 警察を呼ぶ。
  • 事故の状況や証拠を報告する。
  • 保険会社に連絡する。
  • 加入している保険の種類や内容を確認する。
  • 相手と連絡先を交換する。
  • 示談や損害賠償のために必要な情報を得る。

以上の対処法で、自転車事故の被害やトラブルを最小限に抑えましょう。

自転車事故の予防策はありますか?

自転車事故の予防策は、以下のようになります。

  • 路面の状態や交通状況をよく見る。
  • 段差や落下物、車や歩行者の動きに注意する。
  • スピードを出し過ぎない。
  • 特に夜や暗所、知らない道、先が見えない所では速度を落として走る。
  • ヘルメットやプロテクター、蛍光衣服などの保護具を着用する。
  • 明るいライトを点ける。
  • 自転車は車両としての交通ルールを守る。
  • 信号無視や一時不停止などの違反は厳しく罰せられる。
  • 駅周辺や商店街などでは歩行者に配慮する。
  • 自転車ナビマークや自転車ナビラインに従って走る。

以上の予防策で、自転車事故の発生を減らしましょう。

自転車ナビマークや自転車ナビラインとは何ですか?

自転車ナビマークと自転車ナビラインは、自転車の走る場所や進む方向を示すものです。

自転車ナビマークは、道路の左側端や右折レーンに描かれた自転車と矢印の組み合わせで、自転車は矢印の向きに進行することを意味します。

自転車ナビラインは、交差点に描かれた青色の矢羽で、自転車は矢羽の先端まで進んでから曲がることを意味します。

これらの表示は、道路交通法等に規定されている自転車の通行方法について、自転車運転者と自動車ドライバーに分かりやすく周知し、安全な走行を促すことを目的として設置されています。

自転車用ヘルメットはどこで買えますか?

自転車用ヘルメットは、インターネット通販や自転車専門店、スポーツ用品店などで購入できます。

インターネット通販では、価格やレビューを比較して自分に合ったヘルメットを選ぶことができますが、サイズやフィット感が分かりにくいというデメリットもあります。

自転車専門店やスポーツ用品店では、実際に試着してサイズやフィット感を確認できますが、品揃えや価格が限られるというデメリットもあります。

また、一部の自治体では、自転車用ヘルメットの購入費用の助成制度を実施している場合がありますので、ご自身の住所地の情報を確認してみてください。

自転車用ヘルメットのおすすめはありますか?

自転車用ヘルメットのおすすめは、用途やデザインによって異なりますが、一般的には以下のようなポイントに注意して選ぶと良いでしょう。

  • サイズやフィット感が合っていること
  • 通気性や防汚性が高いこと
  • 視界を妨げないこと
  • 耐衝撃性や耐久性が高いこと
  • 反射材やLEDライトなどの安全機能があること

おすすめの自転車用ヘルメットとしては、以下のような製品があります。

アルピナ(ALPINA)「BROOKLYN」シンプルでスタイリッシュなデザインで、街乗りにぴったり。

通気性も良く、サイズ調整も簡単です。

オージーケーカブト「CS-1」軽量で快適なヘルメットで、クロスバイクやロードバイクに適しています。

反射材やLEDライトも付いており、夜間の走行も安心です。

created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥5,726 (2024/03/03 21:37:11時点 Amazon調べ-詳細)

ちょっとおしゃれなこんなのもありました。

自転車用ヘルメットの購入費用の助成制度について

助成制度の詳細は、各自治体のホームページや窓口で確認できます。

自転車用ヘルメットは、自転車事故の際に頭部を保護する重要なアイテムです。

安全に自転車を楽しむために、ぜひご利用ください。

自転車ヘルメット義務化されてない?着用努力義務とメリットまとめ

自転車ヘルメット着用努力義務についての情報をお届けしました。

自転車に乗る際には、自己責任で安全確保が必要ですが、ヘルメットをかぶることで事故時の被害を軽減することができます。

また、自転車ヘルメットは法律による義務付けがありませんが、道路交通法や自転車安全整備基準に基づく「努力義務」として義務付けられています。

ヘルメットをかぶることで、自転車事故による被害を最小限にすることができます。

安全運転を心がけ、ヘルメット着用に努めましょう。

自転車ヘルメット着用努力義務についての知識が深まり、自転車に乗る際の安全性を高めることができます。

また、自転車事故に遭った際の被害を軽減するためにも、ヘルメット着用は重要な役割を果たします。

自転車に乗る際には、必ずヘルメットを着用するよう心がけましょう。

暮らし
スポンサーリンク
この記事を書いた人
レモン

なんでも興味を持たことを記事にするのが大好き。歴史や哲学、国語、英語の勉強も大好き。言葉を駆使して何かをやりたいタイプです。SNSやWordPress設定やデザインなど技術担当。見やすくてわかりやすいブログ運営を心がけます。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
いっきゅうコンテンツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました