光回線

ドコモ光は、ドコモスマホとの割引がある

更新日:

ドコモ光

https://iqcontent.com

インターネット光回線のドコモ光です。

ドコモ光はドコモのスマートフォンを使っている人には、割引があります。

携帯電話会社のドコモがやっているインターネット光回線です。

ドコモ光はNTTフレッツ光の回線を利用している光コラボレーションの一つです。

しかし、ドコモ光の料金体系には、少しわかりにくいところがあるんです。

ドコモ光の料金は少しわかりにくいところがある

ドコモの携帯電話の方も非常にわかりにくい料金なのですが、やはり光回線のドコモ光の方も非常にわかりにくい料金パターンになっています。

ドコモの携帯スマホとの割引はプロバイダごとで料金が違っている

ドコモ光の料金体系が分かりにくい所の一つに、ドコモはインターネットに繋げるプロバイダではないためです。

光コラボレーションとして、NTTフレッツ光の回線を借り受けるにしても、プロバイダーを選ぶ必要があるところにあります。

そのプロバイダごとでスマホとのセット割引が微妙に違うところが面倒なところです。

ドコモ光の料金は、タイプA、タイプB、単独タイプというふうに3種類があります。

そしてそれぞれに戸建て向けとマンション向けとの料金が絡み合っているので複雑に見えます。

ドコモ光の料金・タイプA、タイプB

  戸建て マンション
タイプA 5200円 4000円
タイプB 5400円 4200円
単独タイプ 5000円 3800円

提携するプロバイダーの種類によっそれぞれに基本料金が違っています。

この料金の中にはプロバイダーの料金が含まれるということになります。

プロバイダー料金が光回線の基本料金に含まれているので、直接NTTフレッツ光を契約するよりも割安感があります。

これについては、他社の光コラボレーションでも同じようになっています。

タイプAのプロバイダ

タイプAのプロバイダ

タイプBのプロバイダ

タイプBのプロバイダ

プロバイダーについては好みのところを選択できるのですが、どこを選べばいいのかは、たくさんあるのでよくわかりにくいところです。

なるべくなら夜間の混み合う時間帯に速度が落ちないところを選びたいものです。

ドコモ光でプロバイダーを選ぶならIPv6の高速データ速度が出るプロバイダーを選びましょう。

IPv4からIPv6へインターネット回線のシステムが変わろうとしています。

IPv6の方が新しいシステムで高速にインターネットのデータ転送ができるシステムになっています。

しかも、まだまだIPv6のシステムを利用しているユーザーが少ないので、回線の空きが多いということでスピードが非常に速いインターネット回線になっています。

IPv6対応のプロバイダでドコモ光の場合

ドコモ光の中で選べるプロバイダーでは、IPv6にいち早く対応しているプロバイダーではGMOのとくとくBBが挙げられます。

IPv6のインターネット回線を利用するには、IPv6に対応する専用のルーターが必要になります。

GMOのとくとくBBの場合は専用のルーターを貸し出しているのでインターネット契約をしてこのルーターが届けば、すぐにIPv6の高速なインターネット回線を利用することができます。

IPv6に対応したドコモ光GMOとくとくBBはこちらの所になります。

ドコモ光とドコモのスマホセット割引については割引額が少ない

ドコモは、元々、携帯やスマホの会社ですが、光コラボレーションとのセットで携帯スマホの割引を行っています。

auやSoftBankのスマホ割との競争で、同じような割引システムを導入しています。

しかし、ドコモ光の場合は割引額が他社に比べて非常に少なくなっています。

スマホとの割引についてもドコモのシェアパック割引とドコモ光とのセット割引との兼ね合いで非常に複雑になって、これも分かりにくくなっています。

ドコモの携帯やスマホを他社に変えても良い場合は、他社に変えた方が、光回線とのセット割引が大きくなるのでそれも考慮に入れた方が良いかと思います。

ドコモのシェアパックごとでセット割引+ずっとドコモ割の金額がそれぞれ違う

ドコモのシェアパックごとでセット割引+ずっとドコモ割の金額がそれぞれ違う

ドコモのスマートフォン割引の中には、ウルトラシェアパック100GBから、容量の少ないシェアパック5GBまでというように、家族で分け合えるコースを準備しています。

それぞれのコースでドコモ光との光回線セットで割引を行っているので複雑になっています。

また、ドコモのスマホ携帯を利用している年数によっても割引額が違ってくるので、ここでもまた複雑に分かりにくくなっています。

ドコモ光とドコモスマホ携帯とのセット割引は一人分しかだめ!

光回線とスマホとのセット割引で注意しなければならないのは、ドコモ光の場合は、割引金額が家族で一人だけという点です。

他社との違いはここが大きいと思います。

家族の中で何人もドコモのスマホ携帯を利用していても、一人分の割引しか受けることはできません。

要するに割引金額が少ないということです。

ドコモのスマホ携帯を手放したくないという場合には少しでも割引があれば、それは、それで結構だと思いますが、光回線とのセット割引を受けるために他社へ流出してしまうのではと思います。

ドコモ光の申し込み先

ドコモ光申し込み先はドコモショップでも行なっていますが、インターネットからの申し込みが便利です。

インターネット経由での申し込み先では、キャッシュバックがあるなど、時期によっては、お得な申し込み窓口かと思います。

GMOインターネット株式会社・GMOとくとくBB

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】


ドコモ光をプロバイダー経由で申込む場合、「タイプA」「タイプB」の二つの料金しかありません。

それぞれ、どちらのタイプが申し込めるかはプロバイダーによって異なります。

GMOとくとくBBのドコモ光は、料金の安い「タイプA」です。

戸建て【5,200円(税抜)】、集合集宅【4,000円(税抜)】

最新の接続方式v6プラス対応で、万が一速度に不満があったら、指定の方法で計測してGMOとくとくBBまで送り、100Mbps以下がでたらポイントバック実施中!

BUFFALO製高性能Wi-Fiルーターを0円にて提供中!

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

株式会社ネットナビ

キャッシュバックが多い方がいい人はこちら。合計25,000円還元。

  • 25,000円を全員に還元中
  • dポイント最大20,000ポイントプレゼント
  • さらに最大5,000円の現金キャッシュバック、

ドコモをお使いなら【ドコモ光】

まとめ

ドコモ光のインターネット契約内容についてまとめてみました。

ドコモのスマホ携帯そしてドコモ光の料金体系についてはそれぞれに複雑で分かりにくいところがありますのでこのページでは大雑把にまとめてみました。

複雑なところを全部説明してもほぼ分からないと思いますので簡単に要点だけに止めました。

通信料金を安くしたいと言う方については、スマホを格安SIMに変更したり、あるいはauのスマートバリューを目的に乗り換えをするなど色々方法はあるかと思います。

ドコモのユーザーについては長年ドコモを使っている場合は、ドコモ光という選択肢もありかと思います。

ご参考までにどうぞ。

 

インターネット契約の選び方はこちらで詳しく解説しています。安さ、速度などで比較しておすすめをまとめています。

-光回線
-, ,

Copyright© iQコンテンツ , 2019 All Rights Reserved.