格安SIM

通信費節約に格安SIM・通信料金を見直そう!

投稿日:

通信費節約に格安SIM・通信料金を見直そう!

通信料金の見直しで、電気通信事業法の改正が2019年10月に行われました。

電気通信事業法の改正の狙いは、消費者に分かりにくい料金プランの改善

スマホ本体の大幅な割引を止めて、通信料金のところで価格競争をして、全体的に通信料金を下げるという目的を持っています

いままでの携帯大手キャリアの販売方法は、高額なスマホ本体を月賦販売として、その料金分を割り引くという手法で、顧客を縛り付けて、通信料金のところで、利益を回収するというシステムです。

これからは、スマホ本体の代金と通信料金を分離する方法が基本になります。

スマホの機種ごとで、割引額が変わったり、複雑な料金体系です。

そこへ、さまざまなオプションと契約の期間の長さで月額料金が変動して、トータルでは、非常に高くつくような料金設定がまかり通っていました。

契約する消費者にとっては、分かりにくく、結局、わからないままに高い通信料金を支払っているという現状でした。

まだまだ、この現状は、少ししか改善されていないですが・・・・

 

まだまだ大手キャリアの通信料金は高い!

まだまだ大手キャリアの通信料金は高い!

こちらの記事をご覧ください。

https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1783.html

「端末・通信料の分離プランへの理解度は39.6%、スマートフォン本体の金額を把握している人:大手3キャリアは66.4%、格安SIMは87.7%、本体購入時平均金額:大手3キャリアは70,268円、格安SIMは40,262円」

MMD研究所の調査結果です。

上記の内容では、

「現在支払っているスマートフォンの平均月額料金、大手3キャリアユーザーは8,451円、格安SIMユーザーは2,753円」

という結果になっています。

平均的な通信料金の支払い額は、まだまだ高いでしょう

今回の電気通信事業法の改正でも、まだまだ通信料金が高いレベルです。

解約金を1000円程度に抑えてたり、あまりデータを使わない人向けのコースを、作りつつあります。

しかし、まだまだ、格安SIMのような料金には下がっていません。

通信料金体系は複雑!分かりにくい!

通信業界の料金体系というものは、複雑で、わかりにくいです。

月額料金にいろいろなオプションをつけて、名称も「~~割引」というものがたくさんあって、

いちいちなんのサービスで、なにができるのか、

いったいいくらかかるのかがわかりにくくなっています

毎月8千円程度払えばいいんですが、それではやっぱり高い出費です。

通信費節約する方法は、あります。

通信料金の節約ポイントや格安スマホへの移行方法など通信費用の見直しには、いろんな方法があります

一番は、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアから脱却して、格安SIMを導入することです。

au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアからの離脱が難しい場合は、オプション料金の見直しです。

また、光回線や、モバイルWi-Fi、電気料金などとの組み合わせを工夫する方法です。

一つ一つひも解いて、解説記事を公開していきます。

しっかり読んで頂ければ、スマホ料金、通信料金全体を劇的に安くできます。

この記事を書いている通信料金節約ワザ案内人・シム・セツヤ一家では、家族全員のスマホと光回線と固定電話も入れて一家で1万円程度です。

そんな劇的な通信費の節約方法をまとめていきます。

それでは、次回から具体的な説明をはじめます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シム セツヤ

simsan

シム セツヤ:通信ネットワーク系ライター。『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』翔泳社の監修担当。 通信費節約に関する記事多数執筆。 通信料金節約ワザ.com管理人

-格安SIM
-, , ,

Copyright© iQコンテンツ , 2019 All Rights Reserved.