WiMAX、モバイルWi-Fi

ネット回線工事、絶対イヤ!ホームルーター無制限、安さ比較のおすすめ

投稿日:

ネット回線工事、絶対イヤ!

インターネット回線の工事は、絶対イヤ!

インターネット回線の契約を探しているとき、

固定の光回線は工事がある!

工事日が1ヶ月先とかザラだし、すぐにネット使いたいし!

引っ越しや、ネット回線乗り換えの時に悩みます。

女性の一人暮らしで、宅内工事を避けたい気持ちもあります。

実は、インターネット回線工事が要らないインターネットがあります。

ホームルーターがそれです

高速無線!ネット回線工事不要!

LTEやWiMAXという高速無線インターネット回線を利用したホームルーターです

工事不要で、据え置き型のホームルーターが届いたら、その日に、インターネットが使えて、接続台数もいっぱいで家族で利用できるんです

このページでは、ホームルーターの速度や料金などを比較してまとめています。

ネット工事不要で無制限、安さを比較したおすすめはこれです!

 

回線・販売会社 開通月と24ヶ月目料金 2年間合計とキャッシュバック
モバレコAir 開通月1970円
24ヶ月目3344円

2年49508
キャッシュバック
28000円
最安一番おススメ

Softbank Air・ポケットモバイル株式会社 開通月3800円
24ヶ月目4800円
2年84160円
キャッシュバック
20000円
Softbank Air・ソフトバンク株式会社 開通月3800円
24ヶ月目3800円
2年71200円
キャッシュバック
20000円
WiMAX2+GMOとくとくBB 開通月2170円
24ヶ月目3480円
2年80900円
キャッシュバック無し
WiMAX2+・BroadWiMAX 開通月2726円
24ヶ月目3411円
2年81179円
キャッシュバック無し

 

ホームルーターとは、工事不要の高速無線ネット

ホームルーターとは、工事不要の高速無線ネット

高速無線インターネット回線のLTEやWiMAX2+を利用するホームルーターは、工事不要です

インターネット回線では、光回線の場合、容量制限、接続端末の制限はありません。

しかし、光回線では、光ファイバーを宅内に引き込む工事がどうしても必要です。

工事費も数万円かかります。

ホームルーターは、工事なし、工事費も必要なし!!

小型モバイルWi-Fiとの違い

小型モバイルWi-Fiとの違い

小型のルーターを持ち運び、ネットにつなげる、モバイルWi-Fi、ポケットWi-Fi、WiMAXと言われるものは以前からありました。

ホームルーターは、同じLTE、WiMAX回線を利用して、固定回線の代わりになるように、電波出力の大きい据え置き型の高速無線Wi-Fiルーターです。

ホームルーターは、コンセントにさすだけでインターネット

ホームルーターとは、工事不要の高速無線ネット

ホームルーターは、据え置き型ですので、電源は宅内のコンセントに挿すだけです。

固定回線のWi-Fiルーターと同じように繋げる方法で、スマホ、タブレットやパソコンにインターネットにつなげることができます。

ホームルーターは、工事不要なのでホームルーター本体が届けば、その時からインターネット回線が使えます

引っ越し、新生活、一人暮らし向き

1人暮らしや新生活、引っ越しの時期には便利です。大変助かります。

引っ越しシーズンには光回線を契約しても、工事が1ヵ月先、2ヶ月待ちと言うのはザラにあることです。

ホームルーターでは、すぐに利用できますので、1ヶ月も2ヶ月も待つ必要はありません

wifi電波の届く範囲

wifi電波の届く範囲、これくらい人ひろいかな!

小型の持ち運び型のモバイルWi-Fiルーターと違い、ホームルーターは、据え置き型ですので、Wi-Fiの電波が届く範囲が、50m~60m程度あります

一般的な家庭の2階建てほどであれば十分な電波が届きます

家族でインターネット利用をするのに十分な機能があります。

一方、小型のモバイルWi-Fiルーターでは、電波の届く範囲が、10m~20m程度ですので2階建ての家や家庭用向きには少し難があります。

一人暮らし向きには十分です。

ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数

ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数
ホームルーターが発信するWi-Fiの電波の周波数は、5GHz帯、2.4GHz帯とあります

ホームルーター自体が発信するWi-Fiの電波は、システム的には、光回線と同じ仕組みになっています。

5GHz帯の方が高速です

しかし、鉄筋建造物の壁など、障害物に弱くあまり遠くまで電波が届きません

一方、2.4GHz帯は、5GHz帯より、速度が若干遅くなりますが、障害物には強く、建物の隅々まで電波が届く傾向を持っています

最近のスマホやパソコンは、5GHz帯、2.4GHz帯ともに受信のできる機器になってきています。

その時々の1番強い電波を捕まえて、最適なインターネット回線を利用することができるようになっています。

ホームルーターは電池の減りを気にしなくていい

ホームルーターは、電源をコンセントから供給するので、小型のモバイルWi-Fiルーターのように、電池の減りを気にしなくて済みます。

ホームルーターの仕組み・LTE回線・WiMAX回線を利用している

ホームルーターはWiMAX2+、携帯会社のLTE回線を利用してインターネットにつなげるモバイルwifiの1種です

ホームルーターの設置してある場所の周りでは、Wi-Fi環境ができて、スマホ、パソコン、タブレットなどをインターネットにつなげることができます。

ホームルーターはWiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用

ホームルーターはWiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用

WiMAX回線とソフトバンク系のLTE回線を利用したホームルーターの2種類

ホームルーターは、モバイルWi-Fiと同じ電波を利用しています。

主に、WiMAX2+回線とソフトバンクのLTE回線を利用したホームルーターの2種類に分けられます

サービスとしては、WiMAXのプロバイダが、販売しているWiMAXホームルーターと、ソフトバンクのLTE回線につなげるSoftbank Airになります。

WiMAX2+は、KDDIのUQ-WiMAXがインフラを構築した高速無線インターネット回線です。

WiMAX2+は高速だが、3日10GB制限がある

速度制限絶対イヤ!

WiMAX2+は、最高速度1.2GBを誇る光回線並みの高速な無線インターネット回線です。

しかし、鉄筋のビルの中など、WiMAX2+の電波が届きにくいところがあります。

さらに、3日間で10GB以上の利用で、次の日の18時からの夜間帯に1MB程度の速度になってしまうという速度制限があります

WiMAX2+のホームルーターは、WiMAX2+回線を代理販売しているプロバイダが多数存在しています。

WiMAX回線、LTE回線も実測値ではあまり変わらない

ソフトバンクLTE回線でネットにつなげるSoftbank Airは、WiMAX2+回線よりは、データ速度が遅くなります。

遅くなるといっても表記速度で440Mbpsで、実測値が10~50Mbps程度は、速度が出ています

通常に音楽を聴いたり、動画を通常の範囲で楽しむ分には、支障のない速度です。

WiMAX2+についても、実測値は同程度ですので、ネットの速度的なところで比較する意味はあまりありません

ネットゲームや仕事で動画編集をしているなど、ネットの高速回線を必要とする場合は、どうしても固定回線の光回線を選ぶ方がいいでしょう。

ホームルーターの場合は、家庭向けで、音楽や動画を楽しむといった一般利用では、問題はありません。

ホームルーターの接続台数

ネットみんなで使えないと困るわ~~

ホームルーターの利点は、モバイルWi-Fiルーターより接続台数が多い点が挙げられます。

モバイルwifiの持ち運びのできる小型ルーターの場合は、スマホやパソコンなど、同時接続できる台数が10台程度になります。

一人暮らしでは、十分な台数ですが、家族で利用する場合は、少し足りなくなります。

ホームルーターの場合は、接続台数は、60台程度になりますので、家族利用でも十分です

wifi電波の届く範囲も広く、より高速接続のできる有線LANケーブルでの接続端子もあります。

ホームルーターのデメリット・外出先には持っていけない

ホームルーターのデメリットは、外出先に持っていく事はできない点です。

契約時に届け出た住所以外では、利用できないことになっています

引越した場合は、当然、住所変更をすれば、そのまま利用することはできます

外でも利用したい場合は、持ち運びのできるモバイルwifiを選ぶ必要があります。

しかし、モバイルwifiを持ち出してしまうと、自宅にいる家族は、ネットを利用できなくなりますので、一人暮らし向きということになります。

ホームルーター選び方

ホームルーターには、WiMAXのホームルーターとLTE回線を利用したsoftbankairの2種類になります。

WiMAXの場合は、3日間で10GBの速度制限がありますが、Softbank Airの場合は、速度制限がありません

WiMAXの3日間10GBの制限も許容範囲に入る人は、選択肢に入れてください。

WiMAXの場合は、UQ-WiMAXを代理販売をしているプロバイダが多数存在しています。

扱っている回線は、WiMAXでどこのプロバイダで契約しても同じです。

ホームルーターの機械も同じものです。

ここでは、料金的に安い代表的なプロバイダをご紹介します。

LTE回線を利用したsoftbankairも、販売代理店から申し込んだ方が、安くてお得です。

Softbank本家よりも料金を安くして代理販売をしている所は、同じSoftbankAirをモバレコAirという名称で販売しているところとあります。

SoftbankAirとWiMAXホームルーター比較

SoftbankAirとWiMAXホームルーター比較して、絞り込んだところだけ表にまとめました。

 

回線・販売会社 開通月と24ヶ月目料金 2年間合計とキャッシュバック
モバレコAir 開通月1970円
24ヶ月目3344円

2年49508
キャッシュバック
28000円
最安一番おススメ

Softbank Air・ポケットモバイル株式会社 開通月3800円
24ヶ月目4800円
2年84160円
キャッシュバック
20000円
Softbank Air・ソフトバンク株式会社 開通月3800円
24ヶ月目3800円
2年71200円
キャッシュバック
20000円
WiMAX2+GMOとくとくBB 開通月2170円
24ヶ月目3480円
2年80900円
キャッシュバック無し
WiMAX2+・BroadWiMAX 開通月2726円
24ヶ月目3411円
2年81179円
キャッシュバック無し

 

まとめ

Softbank AirとWiMAX2+ホームルーター比較すると、おすすめの条件は、速度制限がない、接続台数も多く高速な無線ネットになります。

ですから、3日10GBといった速度制限のないSoftbank Airがおススメになります

SoftbankAir系では、「モバレコAir」という商品名で販売されているものが、料金も安く、一番お得で販売をしています

モバレコAirは、同じSoftbankAirの回線とホームルーターですので、通信品質やホームルーターのスペックも同じものです。

同じものであれば、安い方がいいでしょう。

モバレコAir
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
シム セツヤ

simsan

シム セツヤ:通信ネットワーク系ライター。『手取り15万円でも年60万円貯まる節約のレッスン64』翔泳社の監修担当。 通信費節約に関する記事多数執筆。 通信料金節約ワザ.com管理人

-WiMAX、モバイルWi-Fi
-, ,

Copyright© iQコンテンツ , 2019 All Rights Reserved.