【2年契約できない!?】カシモWiMAXからの申し込みはおすすめできません

【2年契約できない!?】カシモWiMAXからの申し込みはおすすめできませんWiMAX、モバイルWi-Fi、スマホ携帯

カシモWiMAXがおすすめでない理由はたった一つ。

 

カシモWiMAXの完全上位互換なプロバイダがいくつも存在するから

 

以前はWiMAXの契約を申し込むなら、カシモWiMAXはかなりおすすめ度の高いプロバイダでした。

キャッシュバックのリスク無しで安い料金、そのうえ2年契約ができるという点が非常に魅力的。

ですが今は違います。

カシモWiMAXは2年契約プランの取り扱いをやめ、3年契約のみを受け付けるようになりその魅力は半減。カシモWiMAXにはこれといって特典や優秀なサポートサービスがあるわけではないので、他のプロバイダを凌駕するような特徴的な強みも持っていません。

月額料金はそれなりに安い部類ではあるものの、他にも優秀な安いプロバイダが存在するので見劣りしてしまいます。

一生懸命サービスを提供している事業者の方を貶める気はまったくありません。

ただ、WiMAXの利用者の一人として、カシモWiMAXはおすすめのプロバイダではなくなってしまった、というのが結論です。

 

(WiMAXの申し込みでおすすめプロバイダについてはこちら↓で解説しています。)

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]

WiMAXのプロバイダには共通点があります。

  • どのプロバイダでも選べる端末(ルーター)は同じ
  • どのプロバイダでも端末代金は無料(無料ではないプロバイダも一部存在)
  • どのプロバイダも初期費用は3,000円
  • どのプロバイダも通信速度、通信エリア、通信制限は同じ
  • どのプロバイダも3年契約

つまり、プロバイダごとに違いが出るのは以下の3つだけです。

  1. 月額料金
  2. キャンペーンや特典の内容
  3. サポート内容
[/st-cmemo]

 

カシモWiMAXがおすすめできない理由

どうしてこうなった…

2年契約ができるお得なプロバイダとして、「GMOとくとくBB」というプロバイダと並んで「カシモWiMAX」も人気がありました。

なぜ今、カシモWiMAXに申し込むのがおすすめできないのか解説していきます。

 

理由1:2年契約ができなくなった

2年契約ができるプロバイダはだんだんと減ってきていましたが、カシモWiMAXもとうとう2年契約プランを取り扱わなくなりました。

カシモWiMAXはプロバイダとして老舗ではないものの、契約期間の短さと安めの月額料金が相まって、WiMAX界隈では話題に上がることも多かったのですが残念です。

2年契約が好まれる理由

当時、WiMAXには2年契約プランと3年契約プランの2つが存在していましたが、2年契約のほうが好まれていて、私も2年契約をおすすめしていました。

その理由は、契約期間が短いほうが解約しやすいから。

他のインターネット回線やケータイ・スマホの契約でも同じですが、利用者にとっては契約期間は短いほうが好ましいです。

契約期間中の解約には違約金がかかりますが、契約を更新する月での解約は違約金なしの無料で解約ができます。

3年契約よりも2年契約のほうが、契約の更新月が早く来るので、利用者は解約して別の回線業者へ乗り換えやすくなります。

 

理由2:特に優れたサポートサービスや特典は無い

カシモWiMAXには特に優れたサービスというのは存在しません。

例えば、初期契約解除制度(クーリングオフ的な制度)によって利用開始から8日間はどのプロバイダでも無料で解約できますが、「GMOとくとくBB」というプロバイダでは例外的に、8日間ではなく20日間と長めに設定されています。

「DTI WiMAX2+」というプロバイダでは色々なお店や施設で割引や特典が受けられるサービスがあります。

「Broad WiMAX」というプロバイダでは、条件付きで解約時の違約金を無料にしてくれるサポートサービスが存在します。

 

理由3:2年契約のうまみが無くなり、料金で勝負するしかなくなった

2年契約できるという点がカシモWiMAXが持つ最大のメリットでしたが、契約期間が他のプロバイダと同じなうえに、上でお話したような特色がカシモWiMAXにはありません。

そのため、他のプロバイダと比較できる材料は月額料金のみになってしまいました。

例えば「UQ WiMAX」のような料金の高いプロバイダとカシモWiMAXを比較すると、カシモWiMAXのほうが毎月700円程安いです。

全プロバイダの中では、カシモWiMAXは月額料金が安い部類ではあるのですが、他にも安いプロバイダが存在します。

 

もっと安いプロバイダが存在する

月額料金で勝負するには強敵が多いのが現状。

以下の表をご覧ください。

[■■WiMAXの月額料金表(3年間)]

プロバイダの中でも料金が安いところとカシモWiMAXを比較した場合、カシモWiMAXよりも安いプロバイダは他にいくつも存在します。

「理由2」でお話したように、GMOとくとくBBやDTI WiMAX2+、Broad WiMAXなどは特典やサポートサービスが存在しますが、さらにカシモWiMAXよりも安いのが分かりますよね。

以上が最初に言った「カシモWiMAXの完全上位互換なプロバイダがいくつも存在するから」という理由の解説です。

 

auユーザーにはカシモWiMAXはもっとおすすめできない

実は、カシモWiMAXはauユーザーの人にはもっとおすすめできません。

これは何故かと言うと、カシモWiMAXでは「auスマートバリューmine」が適用されないから。

auスマートバリューmineというのは、利用中のauケータイ・スマホの毎月の料金を割引してくれるサービスです。

auスマートバリューmineは適用されるプロバイダと適用されないプロバイダが存在していて、auユーザーは基本的にこれが適用できるプロバイダから契約を申し込むのをおすすめします。

最大で毎月約1,000円も割引されるので結構な節約にもなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました