WiMAX、モバイルWi-Fi

【2時以降も継続】WiMAXの速度制限が朝6時まで解除されない理由と解除方法

投稿日:

【2時以降も継続】WiMAXの速度制限が朝6時まで解除されない理由と解除方法

契約してからもWiMAXの速度制限ルールについてよく知らないという人が結構います。

WiMAXはあくまで月間の通信量が無制限と言うだけで、直近の3日間の合計通信量が10GB以上だと翌日の18時~翌々日の午前2時までの8時間は通信制限がかかります。

しかし、2時以降になっても通信制限が解除されない場合があります。

その理由は2時前からの継続利用が原因です。解除するためにはルーターを再起動しましょう。

WiMAXの速度制限ルール:速度制限が午前2時以降でも解除されない理由

速度制限ルール

直近3日間の合計通信量が10GB以上になると速度制限がかかる

対象期間:翌日18時~翌々日2時までの8時間

たとえば、

  • 4月1日に1GB使用
  • 4月2日に20GB使用
  • 4月3日に0GB使用
  • 4月4日18時~4月5日午前2時←速度制限がかかる

こう状況だと4月3日の時点で直近3日間で21GB使っているわけなので4月4日の18時~翌日2時までの8時間は速度制限がかかります。

  • 4月2日に20GB使用
  • 4月3日に0GB使用
  • 4月4日に0GB使用
  • 4月5日18時~4月6日午前2時←速度制限がかかる

この状況のように、たとえ2日間まったく使用していなくても、その一日前(4月2日)に10GB以上使用しているので、4月4日の時点で直近3日間の合計通信量が20GBになります。この場合も、4月5日の18時~翌日2時までの8時間に速度制限がかかります。

  • 4月3日に0GB使用
  • 4月4日に0GB使用
  • 4月5日に9.9GB使用
  • 4月6日18時~4月7日午前2時←速度制限がかからない

上の状態であれば、4月5日の時点で直近3日間の合計通信量が10GB未満なので、4月6日には速度制限がかかりません。ですが、速度制限がかからないからといって0.1GB以上使用すると合計10GBを超えるので4月7日には速度制限がかかります。

これを書いてて思いましたが、UQ WiMAX公式サイトのほうが正直視覚的に見やすいですね→WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について(新しいタブが開きます)

 

午前2時以降も速度制限が解除されないのは継続利用が原因

WiMAXは速度制限がかかると直近3日間の合計通信量が10GB未満になるまで18時~翌日午前2時まで制限がかかりますが、午前2時前からWiMAXを利用した状態で午前2時を過ぎると、そのまま速度制限が引き継がれて4時間後の午前6時まで制限がかかった状態になってしまいます。

ずっとWiMAXを使用した状態が続くと最大で18時~翌日午前6時までの12時間は速度制限の対象になるということです。

解除方法:ルーターの再起動

解除方法はルーターを再起動するだけです。

WiMAXのインターネットへの接続が継続している状態を一旦解除すると午前2時以降はちゃんと速度が元に戻ります。

ネット動画を見ながら夜更かししていて、「あれ2時過ぎたのに速度制限解除されないなぁ」と感じたら、一旦ルーターを再起動して接続し直してください。

 

(WiMAXのおすすめプロバイダについてはこちら↓)

【唯一のおすすめ】WiMAXのプロバイダ選びで迷っているあなたへ【最新】
【唯一のおすすめ】WiMAXのプロバイダ選びで迷っているあなたへ【最新】

サービス提供元のUQ WiMAXで契約せずにプロバイダで契約するメリット。それはトータル費用が3万円前後も安くなるという点です。 ではどのプロバイダで契約すれば、より安くよりお得に利用できるのか? 2 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
和井間 楠雄

和井間 楠雄

自称WiMAX評論家。インターネットそのものの仕組みについて研究していた矢先、WiMAXの登場に震える。同時にサービス体系にも興味が湧きiQコンテンツ編集部にて執筆中。 プログラマーとしての肩書も。

-WiMAX、モバイルWi-Fi
-, , ,

Copyright© iQコンテンツ , 2019 All Rights Reserved.